【随時更新】おすすめ映画リストを記録していく忘備録

2021年5月20日

コロナ禍の中、何か楽しめることはないかと探した結果、最近映画を見まくっています。
せっかくなのでただ見るだけでなく、見た映画のリストを忘備録として残しておきます。

満足度の基準は以下の通りです。
★★★★★:最高!いつまでも記憶に残したい名作。
★★★★☆:とても楽しめた。もう一度見たい。
★★★☆☆:見て良かった。面白かった。
★★☆☆☆:あまり面白さが分からなかった。
★☆☆☆☆:退屈した。時間を損した。

マイ・インターン

制作国:アメリカ
制作年度:2015
ジャンル:ドラマ
満足度:★★★★☆

まだまだ仕事ができるおじいちゃんが、シニアインターンで大活躍する。
登場人物に素敵な人が多く、前向きな気持ちになれる映画。

マダム・イン・ニューヨーク

制作国:インド
制作年度:2012
ジャンル:コメディ
満足度:★★★★☆

インド人なのに英語ができないお母さんが、ニューヨークでの滞在をきっかけにコンプレックスを克服していく。自分も海外に住んでいるので、共感する場面があって楽しめた。

ハッピー・デス・デイ

制作国:アメリカ
制作年度:2017
ジャンル:サスペンス
満足度:★★★★★

死んでしまうと朝起きた時点から、誕生日が何度も始まるタイムリープ映画。
死なない道や犯人を探す過程が面白い。タイムリープ系は当たりが多い印象。

ターミナル

制作国:アメリカ
制作年度:2004
ジャンル:ドラマ
満足度:★★★★☆

出身国でクーデターが発生し、空港から出られなくなってしまった男性の物語。
空港での生活を快適にしようと奮闘する、男性の工夫が見どころ。

スケアリーストーリーズ 怖い本

制作国:アメリカ
制作年度:2019
ジャンル:ホラー
満足度:★★★☆☆

入ってはいけない場所へ入ってしまうのは少年少女と相場が決まってる。
出てくるお化けが怖い!誰かと「キャーキャー」言いながら見ると面白い。

シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~

制作国:フランス
制作年度:2012
ジャンル:ドラマ
満足度:★★★★☆

料理の腕は確かだが性格に難があるシェフが、有名レストランで能力を開花させる。
二人のシェフの掛け合いが面白く、コメディとしても楽しめる映画。

デイ・アフター・トゥモロー

制作国:アメリカ
制作年度:2004
ジャンル:SF
満足度:★★★☆☆

映像は迫力があってアクションとしては面白い。
ただストーリーは、もっと見ていて飽きさせない工夫が欲しかった。

マイノリティ・リポート

制作国:アメリカ
制作年度:2002
ジャンル:SF
満足度:★★★★☆

設定がぶっ飛んでいて、SFらしさを存分に感じられる作品。
話が二転三転していく後半からは特に目が離せない。

パーフェクト ワールド

制作国:アメリカ
制作年度:1993
ジャンル:アクション
満足度:★★★★★

逃亡犯と人質の子供が、警察に追われながら逃亡を続けていく。
設定とは裏腹に牧歌的な雰囲気が魅力的で、コロナ禍の旅行欲も満たしてくれる。
逃亡犯と子供の間に芽生える友情が素敵な映画。

ジャッジ 裁かれる判事

制作国:アメリカ
制作年度:2014
ジャンル:サスペンス
満足度:★★☆☆☆

交通事故で殺人容疑をかけられた父と、弁護士の息子が絶縁状態から仲を取り戻していく話。
サスペンスと親子愛のどちらに集中していいのか分からなかった。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

制作国:アメリカ
制作年度:2014
ジャンル:ドラマ
満足度:★★★★★

元一流シェフが子供と一緒に旅をしながらフードトラックを経営していく。
子供がフードトラックでSNSを活用しながら活躍するのもいいし、旅気分が味わえるのも最高。
文句なしに面白い!

ロスト・ボディ

制作国:スペイン
制作年度:2012
ジャンル:サスペンス
満足度:★★★★★

妻の死体が消えた!?謎が謎を呼ぶサスペンス。
飽きさせない展開が続き目が離せない。特にラストは鳥肌が立ちまくった。

ヒート

制作国:アメリカ
制作年度:1995
ジャンル:アクション
満足度:★★☆☆☆

大迫力のガンアクション名作映画らしいんだけど、自分には面白さが分からず。
途中で飽きてしまった。

トイ・ストーリー3

制作国:アメリカ
制作年度:2010
ジャンル:アニメ
満足度:★★★★☆

王道ストーリーだけど、飽きさせない展開が面白い。
子どもと「わーわー」言いながら見るとより楽しめる映画。

女神の見えざる手

制作国:アメリカ
制作年度:2016
ジャンル:ドラマ
満足度:★★★☆☆

銃規制を強化する法案のため、敏腕女性ロビイストが活躍する。
ロビー活動と裁判の場面が行ったり来たりするため話が分かりにくい。
ただ、ラストの展開は面白かった。

インポッシブル

制作国:スペイン
制作年度:2012
ジャンル:ドラマ
満足度:★★★★☆

スマトラ沖地震の被害にあった家族を描く、実話をもとにした映画。
圧倒的なリアリティで、逆に気持ちが滅入るほど。
涙を流すほど感動できたが、見る前に覚悟が必要。

エンド・オブ・トンネル

制作国:アルゼンチン
制作年度:2016
ジャンル:アクション
満足度:★★★★★

車いすの男性が、偶然のきっかけから完全犯罪に挑む。
常にドキドキさせる飽きさせない展開が続く。
見てる間ずっと面白いのがすごい!

ソウ

制作国:オーストラリア
制作年度:2004
ジャンル:ホラー
満足度:★★★★★

言わず知れた密室系ホラーシリーズの一作目。
ちょうどいい怖さとグロさで、夜中に電気を消して見るとより楽しめる。
ストーリーも面白く、特にラストの展開は目が離せない。

グラディエーター

制作国:アメリカ
制作年度:2000
ジャンル:アクション
満足度:★★★☆☆

大迫力のアクション映画で、リアリティのある映像が凄い。
ただ長いので、もっとコンパクトにまとまってたらより楽しめたと思う。

マージン・コール

制作国:アメリカ
制作年度:2011
ジャンル:ドラマ
満足度:★★☆☆☆

リーマンショックで大混乱する証券会社のドラマ。
リアリティはあるけど、もう少しストーリー性が欲しかった。

ハドソン川の奇跡

制作国:アメリカ
制作年度:2016
ジャンル:ドラマ
満足度:★★☆☆☆

全エンジンが停止して川への不時着を決行する、有名な飛行機事故が舞台の映画。
注目するの裁判なの?という感じ。もっと事故の詳細について描いてほしかった。

ゴースト/ニューヨークの幻

制作国:アメリカ
制作年度:1990
ジャンル:ロマンス
満足度:★★★★☆

男性が強盗に殺されて幽霊になり、さらに恋人が命を狙われる。
恋人を助けるために奮闘する姿が見どころ。
幽霊として自由に動けるから、コメディ要素も面白い。

グレムリン

制作国:アメリカ
制作年度:1984
ジャンル:SF
満足度:★★★☆☆

可愛いグレムリンだけど、飼う際は三つの約束を守らなければならない。さもないと…
子どもと一緒に見るのにはちょうどいいホラー映画。
笑える場面もあって楽しいけど、今見るとさすがにちょっと古いかな。

パッセンジャー

制作国:アメリカ
制作年度:2016
ジャンル:SF
満足度:★★★★☆

宇宙船で冬眠装置が故障し、一人だけ先に目覚めてしまった男性の運命とは?
設定も面白いし、映像が凄い!なのに、ストーリーがご都合主義で突っ込みどころ満載。
見た後に「自分だったら…」と空想を巡らせるには、とても良い映画だった。

モリーズ・ゲーム

制作国:アメリカ
制作年度:2017
ジャンル:ドラマ
満足度:★★★☆☆

モーグルでオリンピック候補だったスキー選手が、ケガをきっかけに始めたのはポーカー!?
テンポが良くて見せ方も面白いんだけど、場面がポンポン飛ぶ。
その分、映画全体を通して見せたい部分が分かりにくく感じた。

ウォーム・ボディーズ

制作国:アメリカ
制作年度:2013
ジャンル:ロマンス
満足度:★★★★☆

ゾンビが人間の女性に恋をした!彼女を守るためにゾンビの男性は…
物語がゾンビ視点で展開していくので、設定が新鮮で面白い。
ゾンビ映画だけどさほど怖くないので、子供と一緒でも楽しめる。

カンフーハッスル

制作国:中国
制作年度:2004
ジャンル:アクション
満足度:★★★☆☆

ギャング団に憧れる青年が奮闘する中、様々な出来事に巻き込まれていく。
カンフーをバリバリに誇張したアクションやコメディ要素が面白い。
序盤から中盤までストーリーがほぼないため飽きかけたけど、最後はストーリーも含めて楽しめた。

グッド・ウィル・ハンティング

制作国:アメリカ
制作年度:1997
ジャンル:ドラマ
満足度:★★★★☆

大学で誰も解けない数学の問題を、清掃員アルバイトの青年が解いてしまった。それに気づいた大学教授は…
教授や友達など周りの人物がみんな良い性格で好感が持てる。
人生の指針のヒントを教えてくれる素晴らしい映画だと思う。

ライフ・イズ・ビューティフル

制作国:イタリア
制作年度:1998
ジャンル:ドラマ
満足度:★★★★★

第二次世界大戦中に起きたユダヤ人に対するホロコーストを描く。
悲劇的な出来事なんだけど、お調子者で機転が利く主人公のおかげで楽しい雰囲気を感じられる。
「ライフ・イズ・ビューティフル」っていうタイトルがまた良いね。

ショーン・オブ・ザ・デッド

制作国:イギリス
制作年度:2004
ジャンル:ホラー
満足度:★★★☆☆

ゾンビ映画なんだけど、どこかのんびりしているしコメディ要素もあって笑える。
ストーリーの面白さはないけど、ぼーっと見てると楽しかった。

ロッキー

制作国:アメリカ
制作年度:1976
ジャンル:ドラマ
満足度:★★★★☆

うだつの上がらない三流ボクサー、ロッキーが人生最大のチャンスを手にする。
ロッキーの性格に好感が持てる。ロッキーと共にエイドリアンも成長していくのも面白い。
最後の終わり方が潔くてかっこよかった。

最初に父が殺された

制作国:カンボジア
制作年度:2017
ジャンル:戦争
満足度:★★☆☆☆

カンボジアで実際に起きたクメールルージュの悲劇を、子供の視点から描く。
雰囲気の描き方は好きなんだけど、肝心のストーリーが分かりにくい。
最後の終わり方も納得できないし、消化不良な映画だった。

インデペンデンス・デイ

制作国:アメリカ
制作年度:1996
ジャンル:SF
満足度:★★★★☆

未確認飛行物体の正体は、地球に攻めてきた宇宙人の要塞だった。
王道で、これぞアメリカ映画って感じのストーリー。
エンタメ的な面白さはバッチリで、何も考えなくても楽しめた。

ハッピー・デス・デイ 2U

制作国:アメリカ
制作年度:2019
ジャンル:SF
満足度:★★★★☆

死んだら朝に戻るタイムリープ映画、「ハッピー・デス・デイ」の続編。
タイムリープする原因が分かり、まるで「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のようなSF映画に。
ホラー要素はほぼなくなってるけど、ちゃんとストーリーが続いていて面白い。

インシディアス

制作国:アメリカ
制作年度:2010
ジャンル:ホラー
満足度:★★★★☆

引越ししてきた家族は、新しい家に何かがいるような気がして…
ビックリ系ホラーで、誰かと「ワー!キャー!」言いながら見ると楽しい。
「今日はホラー映画見たいね」っていう日にはピッタリの映画。

手紙は憶えている

制作国:カナダ
制作年度:2015
ジャンル:サスペンス
満足度:★★★★☆

寝たら記憶を失くしてしまう認知症のおじいちゃんが、手紙を頼りに家族を殺されたナチスに復讐する。
ロジックがきちんと合ってくる感覚が気持ちいい、素晴らしいサスペンス映画。
ゆっくりとしか動けない、おじいちゃんが復讐者ってのも新鮮で面白い。

ホテル・ルワンダ

制作国:イギリス
制作年度:2004
ジャンル:戦争
満足度:★★★★★

ルワンダで紛争が勃発。ホテル支配人が家族や難民を守るために立ち上がる。
こんなことが実際に起きたなんて信じられないほど、悲惨なストーリー。
圧倒的なリアリティで感情移入もしやすく、見た後はしばらく放心状態だった。

大逆転

制作国:アメリカ
制作年度:1983
ジャンル:コメディ
満足度:★★★★★

証券マンのお金持ちと、物乞いをする貧乏人の立場が入れ替わってしまった!
笑えるしストーリーも良くできてるし、コメディの見本のような映画。
古い作品だけど、今見ても十分に面白い。

ソウ2

制作国:アメリカ
制作年度:2005
ジャンル:ホラー
満足度:★★★★☆

密室で謎解きが始まる、サイコ系ホラーの第2弾。
相変わらず面白いけど、グロさが強くなってきて自分的にはそろそろ限界。
1ぐらいがちょうどいいと思う。

新感染 ファイナル・エクスプレス

制作国:韓国
制作年度:2016
ジャンル:ホラー
満足度:★★★★☆

電車内にゾンビが紛れ込んでパニックに!
話のテンポが良くて、面白かった。
細かいことは気にせずに見ると楽しめる。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

制作国:イギリス
制作年度:2014
ジャンル:戦争
満足度:★★★★★

ステータスを数学力に全振りした天才数学者が、当時世界最高の暗号技術エニグマに挑む。
事実をもとにした映画とは信じられないほど衝撃的な話で、アラン・チューリングがいなかったら第二次世界大戦の歴史が変わっていたかもしれない。
めちゃくちゃ面白かった。コロナ禍で見た映画の中では今まででベスト。

クーデター

制作国:アメリカ
制作年度:2015
ジャンル:アクション
満足度:★★★★☆

海外赴任でクーデターに巻き込まれた家族の逃走劇。
映画では言ってないけど、舞台がどう見てもタイ。
突っ込みどころ満載で、ギャグでやってるのかと疑いたくなるほど。
でも、アクションとしては純粋に楽しんで見られた。

ミセス・ダウト

制作国:アメリカ
制作年度:1993
ジャンル:コメディ
満足度:★★★★☆

声優の仕事を首になった夫は妻にも愛想をつかされ離婚。彼が子どもに会うために取った方法は…
コメディとしても純粋に面白いけど、何より家族愛が伝わってくるのが素敵な映画だった。

グリーンブック

制作国:アメリカ
制作年度:2018
ジャンル:ドラマ
満足度:★★★★☆

黒人の天才ピアニストと白人の運転手が、黒人差別が根強く残るアメリカ南部へのコンサートツアーを周る。
最初はなんで彼を雇ったんだろうと思ったけど、物語が進むにつれて納得。
ピアニストの信念と行動力に感動した。