タイの90日レポート申請がオンラインでできない理由をまとめてみた

タイに長期滞在している場合は、90日ごとに90日レポートを提出する必要があります。
面倒くさいことこの上ない制度で早く廃止してほしい所ですが、決められているのでしょうがないです。

数年前から90日レポートをオンラインでも手続きできるようになり、
オンラインでできる場合はできるだけオンラインで更新しています。

90日レポートオンラインWebサイト

ですが、オンラインでの手続きは失敗する場合があり、煩わしい思いをすることが少なくありません。
そこで、オンラインでの90日レポートが失敗する理由についてまとめてみます。

パスポートを更新した場合

タイ滞在中にパスポートを更新した際、オンラインでの90日レポートが失敗するようになりました。
90日レポートのWebサイトの情報入力1ページ目から先に進めなくなるのです。
ちなみにパスポート更新後のビザ転記手続きは済ませてあります。

おそらく、パスポートの番号データの移行が行われておらず、
パスポート番号が登録されているかのチェックがWebサイトに入っているのだと思います。

ちなみに、ビザの延長手続きを新しいパスポートで行った後は、
正常にオンラインの90日レポートができるようになりました。

住所を変更した場合

タイ滞在中に住所を変更した場合も、オンラインでの90日レポートが失敗するようになりました。
90日レポート申請自体はできるのですが、結果が「Not Approved」となり更新に失敗します。
ちなみに住所変更後のTM30は提出済みです。

おそらく、住所変更後のデータ移行が行われておらず、
住所が違うため、更新できなくなるものと思われます。

この場合は、前の住所で90日レポートを申請したところオンラインでの更新に成功しました。
ちょっと裏技みたいな方法ですが、試してみる価値はあると思います。

オンラインでの90日レポートに時間をかけすぎた場合

一度、料理をしながらオンラインで90日レポートの手続きを進めていたところ、
確認画面で送信するはずのデータが消えていました。

おそらく、Webサイトのセッション保持にタイムアウトが設けられており、
時間をかけすぎると送信データが消えてしまうものと思われます。

トップ画面に戻り、再度データを入力しなおしたところ、更新に成功しました。
90日レポートの情報入力は迅速に完了しましょう。

Webサイトが落ちている場合

少し前に90日レポートのWebサイトにアクセスできなくなる事態が発生しました。
アプリでの更新もできず、オンラインでの手続きは全てできなくなったようです。

この場合は、どうしようもありません。
時間をおいてWebサイトが復活するのを待つか、オンラインでの手続きは諦めましょう。

ちなみに自分は90日レポートを代行業者に依頼しました。
イミグレーションに行くより、断然時間を節約できます。

オンラインでの申請期間を過ぎている場合

90日レポートの申請期間は期限日の前14日、後7日となっています。
そして、オンラインでの手続きは14~7日前が期限とされています。

ただし最近は、期限日前なら申請できる場合もあるようです。
実際に自分は期限日の2日前にオンラインでの更新が成功しました。

スマホのスケジュールなどに申請日を登録しておくと、忘れる可能性が減ると思います。

まとめ

以上、自分が知っている限りのオンラインで90日レポートが失敗する原因についてまとめてみました。
全体的な理由としては、何らかの手続きを行うとデータ移行が行われず失敗する可能性があります。

その場合は、一度オンライン以外の方法で90日レポートを提出するか、ビザの更新手続きを行うと、
またオンラインでの手続きが復活するようです。

他にもオンラインで失敗する原因があれば追記したいので、
もしも「こんな場合にも90日レポートが失敗するよ」という情報をお持ちの方は、
Twitterなどでお知らせ頂けると幸いです。