「タニシっておいしいの?」食べ方と味を紹介するよ

更新日:

日本でも田んぼなどでよく見かける「タニシ」。
実はこの「タニシ」食べられるんです!

見たことはあっても、食べたことがあるという方は少ないのではないでしょうか。
タイの田舎では、よく食用として食べられています。

食べる機会があったので、その食べ方をご紹介します。

下準備

まずは、綺麗な水にしばらくつけて、泥を吐かせましょう。
水はたっぷりと入れずに、タニシが少し水から出るくらいがちょうどいいです。
これはアサリなんかと同じですね。

あと、寄生虫がいるかもしれないので生では食べられません。
しっかりと火を通せば大丈夫です。

焼いてみよう

一番シンプルな調理法は、焼きタニシでしょう。

火の上で焼けば、完成です。

爪楊枝を使うと、身が綺麗にとれて、
おいしく食べることができます。

大きいタニシはこの調理法がベスト。
お好きな味のたれを作って食べましょう。

煮てみよう

また、煮るのもおいしい調理法です。

こちらはタイらしく香草やニンニクとともに煮ています。
日本人なら、醤油、みりん、酒などで煮てもおいしそうですね。

気になる味は?

気になる「タニシ」の味ですが…

おいしいです!

味は高級食材のサザエに似ています。
サザエを小さくした感じです。

中の肝は苦いので人によっては苦手かもしれません。
でも、表面に近い部分はコリコリでとてもおいしいです。

タニシは「田んぼのサザエ」と呼ばれることもあり、
日本でも昔は結構食べていたようです。

タイの田舎では今でも普通に食べているので、
もし食べる機会があったらぜひ食べてみてください。

-タイの生活
-, , , ,