タイを代表する祭り「ローイクラトン」。カセサート大学へ行ってみた!

更新日:

陰暦12月の満月の日に行われる、タイのお祭り「ローイクラトン」。
今年は11月3日に行われました。
灯篭流しや、コムローイを飛ばす美しい風景で有名です。

タイ全土で行われる、タイを代表するお祭りです。
灯篭流しは、バンコクでも見ることができます。

バンコクでも様々な場所で行われているのですが、
今回は大々的に開催される「カセサート大学」へ行ってきました。

カセサート大学の場所

パホンヨーティン通りを北上した、チャトチャック地区にあります。
チャトチャックウィークエンドマーケットのさらに北です。

BTSは2020年に通る予定ですが、まだ完成していません。
公共交通機関で行くにはバスかタクシーとなりますが、
当日、周辺は大渋滞するため、すごく時間がかかります。

おすすめの時間帯

20時くらいに着いたのですが…
着いてみてビックリ。
ものすごい混雑ぶりです。
ちょっと人が多すぎますね。

22時過ぎには、人が少し落ち着いてきていました。
来年訪れる方は、遅い時間をお勧めします。

灯籠を流そう

敷地内の池に流す灯籠を買いましょう。
協定でもあるのか、ほとんどの灯籠は50バーツでした。

嫁の教えによると、

  1. 爪や髪の毛など、体の一部分を灯籠に入れる
  2. 願い事をして、灯籠を流す

だそうです。

家族で願い事をして、灯籠を流しました。
なかなか幻想的な光景ですね。

屋台や催し物も

敷地内では催し物が行われていました。

歌や踊りで盛り上がっていました。

屋台はフードトラックも出ていて、結構本格的でした。
ソフトクリームを食べましたが、おいしかったです。

感想

とにかく人が多い!
道路も混雑するし、来年は別の場所に行こうかなと思います。

人が多い点を除けば、
綺麗な光景を見ることができて、屋台も充実していて、
それなりに楽しいお祭でした。

子供はすごく楽しかったようなので、良かったです。

-旅行
-, , , ,