タイで自動車とは別の「バイク免許」を簡単に取得する方法

更新日:

タイでとても便利なのが、バイク。
渋滞の多いバンコクでは、とても重宝します。

タイでバイクを運転する際には、
もちろん免許証が必要です。

日本では、普通自動車の免許を持っていれば、
原付バイクを運転することができます。

でも、タイは自動車とバイクの免許証は、
完全に分かれています。

タイでバイクを運転する際には、バイク用の免許証が必要です。

日本の免許証から、タイの免許証に切り替える

日本で準備するもの

これからタイに住みたいという方に、
ぜひ持ってきてほしいのが、

国際免許証

運転免許センターはもちろん、
最寄りの警察署でも取得できます。

ちょっとでも海外で運転する可能性があれば、
取得するべきです。

タイで準備するもの

在タイ日本国大使館で、
在留届出済証明
を取得します。

続いて、病院で、
健康診断書
を取得します。

健康診断書は、大きな病院で取得するよりも、
ローカルの小さなクリニックで取得した方が安上がりです。

タイの健康診断書、絶対に病院よりクリニックでとるべき!

陸運局で切り替え

免許書の切り替えは、陸運局で行います。
バンコクだと、モーチットやバンチャークにあります。

必要な書類は、

  • パスポート
  • 国際免許証
  • 在留届出済証明
  • 健康診断書

そして、発行手数料が必要になります。

色覚検査や、アクセルとブレーキ、遠近感覚検査など、
簡単なテストを経て、タイの免許証を取得できます。

切り替えでバイクの免許証が取得できる条件

切り替えの際に、二輪車免許があれば、

「バイク」の免許証も同時に取得することができます。

原付免許ではダメです。
二輪車免許が必要です。

二輪車免許は、一番簡単な「小型限定」でもOK。
これがあれば、タイでは書類上、どんなバイクでも乗ることができます。
もちろん、乗ったことがない大型バイクに乗るのは危ないですけどね。

つまり、タイでバイクを運転したければ、
二輪車免許を取得してから、国際免許証を取得しましょう。

タイで運転するため、一から取得するのであれば、
簡単で安価な「AT小型限定」がお勧めです。
オートマチックかつ125cc以下のバイクのための免許です。

まとめ

タイに原付バイク(50cc)はありません。
だいたい110ccからとなります。

タイでバイクがあると超便利。
確実に行動範囲が広がります。

ちょっとでも「運転したいかも…」と思う方は、
ぜひ、日本で二輪車免許を取得して来て下さい。

タイに暮らすのが初めてであれば、
タイで一から取得するよりも、ずっと楽なはずです。

-バイク
-, , , ,