鉄道公園内にある「バンコク蝶の庭と昆虫館」へ行ってみた

更新日:

タイ、バンコクのチャトチャック地区にある、鉄道公園へよく行きます。
チャトチャック公園、クイーン・シリキット公園と違い、自転車道が整備されています。
ボール遊び等もできるので、運動したい方におすすめです。

そんな鉄道公園を歩いていると、なにやらビニールハウスのような施設があります。
「バンコク蝶の庭と昆虫館」というそうです。
せっかくなので行ってみることにしました。

なんだか廃墟感が…

行ってみると、なんだか廃墟感が漂っています。
一番大きな建物は、白い鉄骨だけになっていて、
とても蝶がいるとは思えません。

それもそのはず、現在改装中だそうです。
いつ再開するのかは分かりませんが、
見た感じ、改装が進んでいるようには見えません。

先は長そうな感じです。

蝶を見ることができた

それでも隣の小さなビニールハウスのような場所には入ることができました。
もちろん入場料などは要りません。

中はこんな感じです。

ちゃんと蝶がいました。

全部で数十匹はいると思います。

施設の紹介

ちょっと拍子抜けするような規模でした。
改装中らしいので、しょうがないですね。

改装後は、また蝶を集めてくるのでしょうか?
あまり再開の見通しが立っているようには見えません。

バンコクで、どうしても蝶が見たいという方はどうぞ。

バンコク蝶の庭と昆虫館

場所:鉄道公園(スアンロッファイ)内
入場料:無料

-旅行
-, , , ,