飛行機に預ける手荷物の丈夫さ、重さが心配? スワンナプーム空港で対応する方法がこちら

更新日:

飛行機内に預けられる手荷物の重さ、個数は航空会社や航空券のランクによって様々。
LCCの場合はチケット予約の際に、預け荷物の重量を決められる航空会社が多いですね。

そして、
荷造りした荷物が何キロか分からない。
決められた重さ内に収まっているか心配だ。
そんな時に荷物の重さを調べる方法をご紹介します。

荷物の重さの量り方

1.ラゲッジチェッカーで量る

上記の様なラゲッジチェッカーを使えば重さは一発で測定できます。
そんなに高いものでもないので買ってしまうのも手です。

2.体重計で量る

直接、荷物を乗せるよりも下記の方法がお勧めです。

  1. 何も持たずに体重を量る
  2. 荷物を持って体重を量る
  3. 上記の2の体重から1の体重を引く

これで、大きな荷物でも正確に量ることが出来ます。

3.空港の重さチェッカーを利用する

20161008-1_8835

大抵の空港には、上記のような荷物の重さを量る機械があります。
スワンナプーム空港の場合10バーツ硬貨を入れると量ることが出来ます。
4階出発ロビーの各所に設置されています。

預け入れ荷物の扱いはかなり乱暴

チェックインの際に預ける受託手荷物の扱いはかなり乱暴です。
ぼくは重いものを入れていて、スーツケースにヒビが入っていることがありました。

特に、スーツケース以外の荷物はラッピングサービスを利用することをお勧めします。

20161008-1_7918

スワンナプーム空港には上記のようなラッピングマシーンがあります。
係の人がこれを使い荷物をラップでぐるぐる巻きにしてくれます。
料金は1個150バーツ。
ビニールのお土産袋やダンボールなどは壊れやすいので、使ったほうがいいでしょうね。
破損や盗難防止に役立ちます。

-ライフハック
-, , , ,