うずらの卵とナンプラーでウニになるって本当? 実際に作ってみた!

更新日:

タイに居ると日本食が恋しくなります。
もちろん、タイには日本食レストランがたくさんあります。
でも、やっぱり日本人から見れば日本の日本食とは違うんですよね…

美味しい店もあるし、タイにいて日本食レストランに行けば喜んで食べます。
でも、それはタイに住んでいるからです。

「日本の透き通った刺し身が食べたい…」

新鮮さでは、タイは勝てませんね。

「うずらの卵」+「ナンプラー」=「ウニ」

日本のテレビでやっていたのですが、
うずらの卵黄とナンプラーでウニが作れるそうなんです!

どちらもタイで簡単に手に入る材料。
これは試すしかありませんね。

20160828_5198

という訳でうずらの卵を買ってきました。
早速作ってみましょう。

作り方はいたって簡単

まずはうずらの卵の卵黄だけを取り出しナンプラーに漬けます。

20160828_7447

これを冷蔵庫に入れ1日待つだけです!

20160828_4664

出来上がりはこんな感じ。

「く、黒い…」

そうです。漬けていたのを忘れ2日間経ってしまいました。
まあ、とりあえず寿司を作りましょう。

20160828_2159

見た目が激しく悪いのは気にしないでください。
下手なだけです。

そして、肝心の味は…

さて、食してみましょう。
楽しみですね!

食べた瞬間…

「塩辛い!」

塩味が強すぎますね。
漬けすぎてしまったようです。

後味は悪くはないかな。
ただ、ウニかと言われると…
かなり違います。

それっぽい味もしなくもないですが、とにかく塩味が強すぎて他の味が消されます。
そういう食べ物だと言われれば、食べられます。
まずくはないです。

ただもう一回作るかと言われれば…

「作らないでしょうね!」

タイ人は知ってるらしい

嫁に卵とナンプラーでウニを作ることを話すと、

「その食べ物、知ってるよ」

ということでした。
ウニになるという話はありませんが、小さいころによく食べたらしいです。

そして、出来上がりを見せてみると…

「何、これ?」

「え、知ってるんじゃないの?」

タイの作り方は鶏の茹で卵をナンプラーにつけるやり方だそうです。
こんな物体は見たことないと。
もちろん食べませんでした。

今度はゆで卵ナンプラーも作ってみたいと思います。

-タイの生活
-, , , ,