「果たしてできたのか…?」 初めてオンラインで90日レポートに挑戦してみた!

更新日:

90日レポートってめんどくさい…

タイに長期滞在する外国人が避けては通れない90日レポート。
すごく面倒ですよね。
チェーンワタナのイミグレーションまで行って、キューチケットを貰い何時間も待たされます。

ぼくは以前、代行業者に頼んでいました。
ですが、そこに行くまでも時間とお金を浪費します。

オンラインで出来るらしい

最近、オンラインで出来るようになったらしいのですが、なんとなく試していませんでした。
ブログを始めて記事にも出来るし、今回初めて試してみました。

やり方は下記のブログを参考にしました。
手順も事細かに説明されています。

90日レポートのオンライン提出が成功したので、改めて手順を最初からおさらいしてみる

kanaog

なぜか「Internet Explorer」でしか対応していないそうです。
普段全然使うことがなくても「Internet Explorer」を使用しましょう。

挑戦してみた

まず挑戦してみると…
2ページ目の遷移(パスポート番号などを入力して次のページ)で、
画面が真っ白になってしまいました。

原因は、「Nationality」の項目の入力間違いでした。
この項目は、ある程度入力してプルダウンで選ぶ必要があります。
「JAPANESE/ญี่ปุ่น」を選ぶと、次へ進めました。

あとはなぜか「Internet Explorer」がよく固まりました。
セキュリティの警告も出ますし、ウェブサイトが不安定です。
固まったら、プログラムを落として最初からやり直しましょう。

何度目かの挑戦でようやく最後まで進むことが出来ました。
あとはメールで連絡が来るらしいので待ちます。

メールが届いた

提出後約3時間。
メールはその日のうちに届きました。
結果は「APPROVED」。
承認されたようです。

「The Next Appointment」をクリックし、印刷します。
印刷後、パスポートに挟んで作業完了です。

イミグレーションに行くよりは断然楽

いろいろ気になる点もありますが、イミグレーションまで行って何時間も待たされるよりは遥かに楽です。
これからは、こちらの方法を使うことになりそうです。

-タイの生活
-, , , ,