【タイ】この黒い卵の正体は一体…?

更新日:

嫁が友達から貰ってきた卵。
真っ黒な砂で作ったような卵です。
これは一体なんだ…?

タイには様々な卵があります。
卵を串焼きにする「カイピン」や、
いわゆるピータンの「カイヨーマー」、
そして孵化直前のヒヨコちゃんが入った「カイカーオ」
などなど。

でもこの黒い卵は見たことがありません。

名前は? どうやって食べるの?

ぼく
これ、何ですか?

「カイケムチャイヤー」です

ぼく
どうやって食べるの?

目玉焼きとか、ゆで卵とか…

ぼく
普通だね

黒い卵の正体は、

カイケムチャイヤー(ไข่เค็มไชยา)

タイ南部で作られる名産品です。
黒い砂を取り除き、普通に卵として料理します。

食べてみた

シンプルな調理法が、良いようなので、
目玉焼きにしてみました。

なんか、黄身が異様に膨らんでいます。
こんな目玉焼き見たことない。

味はと言うと…

塩辛い

ご飯が必須です。

黄身は旨味があってすごくおいしいです。
濃厚な風味がします。

ただ、外見のインパクトを超える味ではないですね。
基本的には塩辛い卵です。

-タイの生活
-, , , ,