【タイ】「高級シーツは必要ない!」ベッドカバーはビッグCで買うべき

更新日:

タイに住み始めたばかりのことです。
ベッドを「Index Living Mall」で買ったんです。

ベッド自体は良かったのですが、
ついでにベッドカバーも「Index Living Mall」で買ってしまいました。
6フィートで約2,000バーツ(約6,885円)
高いですよね。

それから、「洗濯するのに1枚じゃ足りないよね」
ってことで2枚目を買いました。

今度はビッグCで350バーツ(約1,204円)
一気に安くなりました。

そして約4年後…

先に破れたのは…

2枚を交互に、洗濯しながら使っていました。
先に破れたのは…

「Index Living Mall」の約2,000バーツのベッドカバー

「高かったけど、その分長持ちするんだろうな」
と思っていたんです。
なのに、この結果。
ビックリです。

ビッグCへ

新しいベッドカバーを買いにビッグCへ。

ホームプロも併設している、ラップラオの大きなビッグCです。

ベッドカバーや布団カバーを扱うお店がありました。
値段は6フィートで375バーツ(約1,292円)
安いです。

無地でシンプルなデザインもあります。
肌触りもいいです。

比較してみて

今回、購入したベッドカバー。
以前「Index Living Mall」で買ったベッドカバーと、
デザインがそっくりです。

デザインも同じ、使い心地も同じ、品質も同じ。
なのに値段は、

2,000バーツ(約6,885円)と375バーツ(約1,292円)

これがタイなんですよね。
高級なお店で買うと高くなり、庶民的な店で買うと安くなります。
(もちろん例外はあります)

場所とか客層とか雰囲気が値段を大きく左右します。
高級デパートで売っているのと同じようなものが、
チャトチャックウィークエンドマーケットで10分の1の値段で売ってたりします。

長く住んで慣れていけば、生活費が下がっていく。
この辺は日本と大きく異なる文化を感じます。

-旅行
-, , , , ,