父が使っていた25年前のカメラ「α3Xi」とシグマズームは、今も活用できるのか?

更新日:

ぼくの父が昔使っていたカメラ「α3Xi」。
今はない「ミノルタ」のカメラです。

レンズはシグマの、
「SIGMA DL ZOOM 35-80mm F4-5.6」
「SIGMA DL ZOOM 75-300mm F4-5.6」

発売当時の希望小売価格は、
カメラが50,000円、
レンズは、小さい35-80mmが22,000円
大きい75-300mmが45,000円です。

残念ながら、現在ではどれもほとんど値が付きません。

このカメラは、ぼくにとっても思い出深いカメラです。
思い出補正も大きいのですが、

できればもう一度使ってみたい!

現在の状態

父に「使いたい」と話をすると、快く受け入れてもらえたので、
現在の状態を見てみることにしました。

まずは、カメラです。

持ち手の部分が割れています。
もう使うことはなさそうです。

そして、レンズ。

大きなレンズ「75-300mm」は、
ズーム部分が固くて動かなくなっていました。

しかし、小さいレンズ「35-80mm」は動きました。

プラスチック部分がベタベタになっていたので、
洗剤を混ぜた水を含ませて固く絞った雑巾で拭き上げました。
すると、かなり綺麗になりました。

昔のシグマズームレンズが使えるカメラ

父が持っているシグマのレンズは、ミノルタ用の「Aマウント」。
現在はソニーに受け継がれています。

古いレンズなので、古いカメラのほうが良さそう。
そしてデジタルの一眼レフであることが条件です。

一番可能性がありそうなのは、ソニー初のデジタル一眼レフカメラ

α100

現在はもちろん販売されていません。

買ってみた

中古で探してみると、ヤフーオークションなどで売られています。
ただ、オークションはタイ行きに間に合わないので、
Amazonで探してみると…

中古で6,800円で売られていました。

古いシグマのレンズを認識してくれるかは分かりません。
30日以内であれば返品可能と書いてあったので、
ちょっとした「かけ」ですが、買ってみることにしました。

果たして、シグマのレンズは動くのか?
次回の記事でお伝えします。

ソニー初のデジタル一眼レフカメラ「α100」を中古で購入した結果

-ライフハック
-, , , ,