Peach利用者ガイド「スワンナプーム空港(バンコク)~ 那覇空港(沖縄)」編

更新日:

日本の格安航空会社であるPeachを利用して、
タイ、バンコク、スワンナプーム空港から、
日本、沖縄、那覇空港まで行きました。

LCCのPeachを初めて利用したのですが、
少々戸惑うこともありました。

利用した経験から分かったこともあるので、
注意するべきポイントなどを書いていきたいと思います。

チェックインは3時間前から

バンコクのスワンナプーム空港のチェックイン開始時間は、
搭乗時刻の3時間前からでした。
※空港、時期などにより異なる可能性があります

Peach国際線の海外発便に自動チェックイン機はありません。
カウンターでチェックインする必要があります。

タイ、スワンナプーム空港の場合、
M列にPeachのチェックインカウンターがあります。
※今後、変更される可能性はあります

予約確認書とパスポートを提示し、搭乗券を受け取ります。
受託手荷物がある場合は、同時に預け入れることができます。

Peachは那覇空港LCCターミナルを利用

那覇空港に到着すると、規模が小さいことに驚くと思いますが、
これは、Peachとバニラエアが、

那覇空港LCCターミナル

を利用しているためです。

引き続き、すぐにPeachの乗り換え便がある場合は、
移動する必要はありません。

ですが、沖縄で観光する場合や別の航空会社に乗り換える場合は、
まず、那覇空港国内線ターミナルに移動する必要があります。

無料のシャトルバスが運行しているので、それを利用しましょう。
出口すぐにバス乗り場があるので、迷うことはないと思います。
5分ほどで国内線ターミナルに到着します。

手荷物一時預かりサービス

那覇空港の国内線ターミナル1階には、

手荷物一時預かりサービス

があります。

那覇空港経由便で観光に出かけたい場合、
とても重宝するサービスです。

ぼくの場合、大きなスーツケースとバックパックを預かってもらい、
6時間で、合計720円でした。
料金は後払いなので、現金を用意するのは観光後でも大丈夫です。

コインロッカーもありますが、スーツケース等の場合は、
こちらで預かってもらったほうが便利だと思います。

ATMでお金を引き出す

到着後、日本円を引き出すためにATMへ行く必要がある人も多いと思います。
ですが、国内線ターミナル1階には琉球銀行のATMしかありません。

ATMを利用したい場合は、国内線ターミナル2階の出発ロビーへ行きましょう。
ゆうちょ銀行、セブン銀行など様々な銀行のATMがあります。

出発時の注意

Peach、バニラエアの利用者は出発時の乗り場が、

那覇空港LCCターミナル

となりますのでご注意下さい。

専用シャトルバスでLCCターミナルへ行く必要があります。
バスが中々来ないことも考えられるので、
時間にはかなり余裕を持って空港へ行きましょう。

国内線チェックインカウンターは3階

国内線のANA、JAL、スカイマーク、ジェットスター、ソラシドエア等は、
通常の国内線ターミナルでチェックイン、搭乗手続きを行います。

流れとしては、

3階のチェックインカウンターでチェックイン後、
2階の出発ロビーで保安検査

となります。

最初に行くのは出発ロビーの2階ではなく、
チェックインロビーの3階です。

ぼくは大きな荷物を持ったまま間違え、
エレベーターでの移動に時間がかかり、
搭乗手続きがギリギリの時間になってしまいました。

時間に余裕が無い場合は、間違えないようご注意下さい。

まとめ

Peachの航空券は他の航空会社に比べて値段が安いですが、
那覇空港では、乗り場が異なるなど不便もありました。
少し時間に余裕を持って行動することをお勧めします。

沖縄は、那覇空港からモノレールで移動できるため、
短い時間でも観光が可能です。

少し注意すべき点もありますが、
沖縄、那覇空港経由はきっと楽しい旅行になるはずです!

-ライフハック
-, , , , ,