【タイ国際航空】「値段が全然違う!?」日本発とタイ発を見比べてみたら…

更新日:

ずいぶん昔の話になりますが、
結婚前、初めて嫁が日本に来る際の話です。

日本へのチケット買ったよ!

ぼく
おお! いくらだった?

約3万バーツですね

ぼく
え? 高い!

みたいなことがありました。

「ちゃんと安いチケット選んだのかなぁ…」

と当時は疑問に思いました。ごめんなさい。

今なら分かります。
LCC(格安航空会社)ではないレガシーキャリアは、
日本発と現地発で全然値段が違うんです。

タイ国際航空で比較してみる

では、実際にレガシーキャリアである「タイ国際航空」で見比べてみましょう。
条件は以下の通りです。

  • 福岡-バンコク直行便
  • 往復航空券
  • 2ヶ月以上先のチケット(2017年12月)で検索
  • 一番安い日にち
  • エコノミーの一番安いクラス

わかりやすく言うと、
「とにかく安い航空券を探す」という条件で探したと思って下さい。

「一番安い日にち」の条件は、
安そうな日にちを10回くらい調べた上で選びました。
もしかしたらもっと安い日があるかもしれませんが、
だいたい最安値くらいになっていると思います。

日本発の場合

日本発だと往復で、

5万円くらい

ですね。

両親がタイへ遊びに来る時も、
だいたいこの位の価格の航空券を買います。

タイ発の場合

タイ発だと往復で21,860バーツ。日本円で、

7万円くらい

になります。

日にちによって違いますが
日本発とタイ発では、大体2万円くらいの価格差があります。

片道の場合

ちなみに、片道の場合は以下の通り。

15,650バーツ→51,430円

日本発でもタイ発でも値段はほとんど変わりません。
日本発往復航空券だけに安い航空券クラスが適用されるようです。

タイ在住者は損する

タイ国際航空の場合は、タイ発の往復航空券の方が高いです。
タイ在住者やタイ人の方が割高になります。

ちなみに、LCC(格安航空会社)の場合は、
片道ずつでも安く購入可能なので、あまり値段に差が出ません。

福岡空港は直行便がレガシーキャリアの
「タイ国際航空」しかありません。
以前はLCCの「ジェットスター」が就航していたんですが、
今はなくなってしまいました。

タイ在住の福岡空港利用者には厳しい時期が続いています。
エアアジアとか就航してくれないかなぁ…

という訳で、現在LCCの乗継便でチケットを探しています。
安いチケットが見つかったら、また記事にして報告したいと思います。

-ライフハック
-, , , ,