【暴露】多くのブロガーが1年ぐらいで更新が途絶える理由をぶっちゃける

更新日:

このブログも開設して1年になりました。
たくさんの人が見てくださるのは、とても嬉しいです。

最近、記事の投稿頻度が少し減りつつあります。
以前は毎日書いていたのですが、
今はちょっと休むことも多いです。

他のブログもよく見させていただくのですが、
これは、ぼくのブログだけではなく多くのブログで起こっている現象です。

その理由はなんなのか?
正直にぶっちゃけたいと思います。

「ネタが無くなってる」て思うでしょ?

ぼくがブログを始める前だったら、こう考えると思います。
ですが、これは違います。

ブログのネタは1年も続けていれば、
それぞれのブロガーで、見つけ方が確立されてきます。

ブログのことを考えていれば、日々の暮らしの中で、
「これブログのネタになるな」って感じるものです。

ぼくの場合、忘れないようにスマホでメモします。
ネタのストックは現在30個ほどあります。
普通に生活しているだけで、書くことは見つかります。

「忙しくなった」って言うけれど…

「生活、もしくは仕事が忙しくなった」
よく使われます。
これは、ありえると思います。

1年も経てば、状況が変わってきたりもします。
生活、仕事も変化します。

ぼくの場合、ここ1、2ヶ月ほど、
「子供が病気になる」→「親に移って病気になる」
のサイクルが2回ありました。
結構きつかったです。

でも、これは言い訳です。
実はあまり理由になっていません。

ブログを1年も続けていれば、
1記事は、10~30分くらいで書けます。
この時間を取れないっていうのは、中々あり得ないです。

「ブログを書こう」というモチベーションがあれば、
1日のうちに少し時間を取ります。

「ちょっと筋トレする」とか「ちょっとスマホでゲームやる」を、
「ちょっとブログ書く」に変えるだけです。

寝る間もなく働いているなら別かもしれませんが、
そんな人なら、そもそもブログを始めないと思います。

理由は簡単

ブログを書く意欲が落ちている

これです。
もっと端的に言うと、

飽きた

ということです。

ブログを1年続けていると、アクセスは中々落ちません。
不思議なことに、書かなくても落ちないです。
本当に見ていただいているのは、ありがたいことです。

実際は、
「飽きてからが勝負」
なんですけどね。

どんなに意欲を持っていても、いずれは絶対に飽きますから。
みんな隠してるだけです。
わざわざ言う必要もないですし。

じゃあ、どうするのか

ぼくの場合は続けていきます。
「おじいちゃんになってもブログ書き続けたい」と思っています。
続けることが最優先です。

将来、何をやっているかは分かりませんが、
タイの農業ブログとか書いてみたいですね。
「タイ嫁と一緒に農業で稼げるの?」
とか、やってみたいです。

現在、記事を書けば、100~300人くらいには見てもらえます。
これって、凄いことだと思うんですよ。

「影響力」を持てるというのは、すごく面白いです。
アイデア次第で様々な活用が可能です。

こんなに面白い場所を捨てるなんて、あり得ないです。
「飽きた」けど、まだまだ続けます!

-ブログカスタマイズ
-, , , ,