【タイ】「電話? 古い古いwww」今時の学校の欠席連絡方法とは?

更新日:

子供が風邪を引きました。
もう回復に向かい、学校へ行っています。
せきが出ているのでマスクだけはさせています。

ぼくが子供の頃、学校を風邪で休む時には、
親が学校に電話連絡していました。

でも、この方法は欠点が多いです。
学校の電話回線は限られているし、
電話の前に人がいないと、そもそもとってもらえません。
時間が早すぎると連絡できないし、
相手の時間も強制的に奪います。

今時の欠席連絡方法

ぼく
学校に欠席連絡した?

したよ

ぼく
どうやってしたの?

LINE

と、いうわけでタイではLINEで欠席連絡を行います。
クラスのグループラインがあるので、そこに送る形になります。
もちろん、先生も入っています。

相手の時間も奪わないし、
子供がなりすましでサボる事もできないし、
クラス全体に情報が共有できるし。

いい事だらけですよね。
とても合理的だと思います。

日本はどうなのか?

「今の日本はどうなったのかな」と思い、
ネットで調べてみました。
さすがに電話ということはないと思うんですけど…

と思ったら、大体の学校が電話みたいですね。
FAXや連絡帳という学校もあります。
不便ですね…

まとめ

日本のIT活用は遅れていると思います。
未だに電話って…

タイの小学校を見ていて、それを実感しています。
入学式でも思いましたが、頑なにIT化を拒んでいますよね。

便利な物は取り入れていけばいいのにと思います。
LINEの方がはるかに合理的ですよ。

-タイの生活
-, , , ,