【タイ】いよいよ私立小学校受験 試験はどんな問題が出るのか?

更新日:

長らくに渡って続いてきた、娘の小学校受験もいよいよ終盤。
私立小学校の試験日がやって来ました。

受験する私立小学校については、以下の記事をご覧ください。

【タイ】私立小学校で思いもよらなかった事実を知ることに!

試験も3回目なので、娘もさすがに慣れてきた様子。
笑顔で余裕が感じられます。

私立小学校の試験内容、競争率などを、
国立小学校と比較してみたいと思います。

試験内容

  • コーカイ(タイ文字)をกからฮまで書く
  • アルファベットの大文字をAからZまで書く
  • アルファベットの小文字をaからzまで書く
  • 数字を1から50まで書く
  • 並んでいる数字の穴埋め問題
  • コーカイの絵と母音で、文字を作る

試験時間は1時間程度でした。

みっちりと4科目、3時間の試験があった国立小学校に比べれば、
随分と簡単です。
ほとんどの生徒ができたと両親に報告していました。

競争率

小学校1年生の受験人数は20人ほどでした。
このうち何人合格するのかはまだ分かりません。

これも200人ほど受験しに来ていた国立小学校に比べれば、
随分と少ないです。
競争率もおそらく、そんなに高くないと思われます。

ちなみに、小学校の途中から入学することも出来ます。
各学年の生徒も受験に来ていました。

まとめ

受験生の保護者と話していた嫁の話では、
やっぱりみなさん国立小学校も受験しているようです。
そして合格できなかったので、私立を受験するという流れです。

国立小学校に比べれば、私立小学校の試験の方が簡単な印象です。
試験時間も短く、予想していたよりも早く終わりました。
後は合格していることを祈るだけです。

受験結果は下の記事をどうぞ!

タイ小学校受験戦争最終章! 合否結果は? 娘の進路はどうなるの?

-子育て
-, , , , ,