リエントリーパーミット(再入国許可)は、イミグレーション、空港どちらで取るべきか?

更新日:

タイでリエントリーパーミットを取得する方法は主に三つあります。

  • イミグレーション(入国管理局)で事前に取得
  • 空港(スワンナプーム、ドンムアン)で出国当日に取得
  • ビザ手続き代行業者に依頼する

それぞれのメリット、デメリットを考えていきたいと思います。

イミグレーションで取得

イミグレーション(入国管理局)で取得する方法に関しては以前の記事をご覧ください。

リエントリーパーミット(再入国許可)を、イミグレーションで取得する方法

メリット

  • 事前に取得しておくと安心
  • 時間に余裕がある時に行ける
  • ビザ取得のついでに行える

デメリット

  • イミグレーションまで行くのが面倒くさい
  • 待ち時間が長く、手続きに時間がかかる

空港で取得

タイでは、スワンナプーム空港とドンムアン空港で、リエントリーパーミットを取得することができます。
スワンナプーム空港で取得する方法に関しては以前の記事をご覧ください。

リエントリーパーミットを当日、スワンナプーム空港で取得する方法

メリット

  • 比較的空いているので、手続きがすぐに終わる
  • 当日、空港で行うので効率的
  • 空港での待ち時間を活用できる

デメリット

  • 経験がないと、不安
  • 当日、時間がギリギリだと危ない
  • 深夜は営業していない

ビザ手続き代行業者に依頼

ぼくは一度、ビザ手続き代行業者にリエントリーパーミットの取得を依頼しました。
頼んだ会社はこちらです。

アジアビザツアー

リエントリーパーミット(シングル)取得の代行手数料は1,000バーツでした。
リエントリーパーミット料金と合わせて2,000バーツとなります。

メリット

  • 代行業者が近くにある人は便利
  • 事前に取得できるので安心
  • 時間を節約できる。

デメリット

  • 代行手数料がかかる
  • パスポートを預ける必要がある

結論

ぼくのお勧めは、空港で当日取得する方法です。
スワンナプーム空港の手続き場所も、
出発ロビーに変更され、より安心できるようになりました。

ただ、手続き場所が変更された過去があるため、
一抹の不安は拭えません。
どうしても心配な方は、事前に取得しておきましょう。

-ライフハック
-, , , , ,