【旅行者向け】バーツに両替する際の注意と、オススメ両替店を紹介する

更新日:

タイで使われる通貨はバーツです。
日本の円は使うことができず、両替をする必要があります。

まずは、両替の際の注意点を書いていきます。

日本で両替してはいけない

日本出発地の空港で行われている両替サービス。
バーツにも両替することができますが、ここを利用してはいけません。
理由は簡単でレートがとても悪いからです。

タイは日本円からバーツへの両替が簡単にできる国です。
両替所もたくさんあり、治安も悪くありません。
「日本の方が安心だから」と、日本で両替する必要は全くありません。

空港では少額の両替を

まずは到着したタイの空港に、たくさん両替所が並んでいます。
しかし、ここで両替する際は当面必要な少額にしておきましょう。
街中よりもレートが悪いからです。
ちなみに、日本で両替するよりははるかに良いです。

街中にもたくさんの両替所がありますので、
本格的な両替はそこで行うのがおすすめです。
ただし、例外もあります。

土曜日の昼以降に到着した場合

これから街へ向かうと、夜になり銀行は開いていません。
そして次の日は日曜日で銀行は休みです。
次に両替できるのは月曜日の朝になります。
2日分必要なお金を両替しておく方がいいでしょう。

街中のレートで両替する場合

スワンナプーム空港の地下1階には街中のレートで両替してくれる両替屋がいくつかあります。
ここで両替する場合はレートの差がないので、両替しても大丈夫です。

両替所を利用しよう

街中で両替する方法は、銀行と両替所の二通りあります。
両替所が近くにある場合は、銀行ではなく両替所の方がお勧めです。
1万円ぐらいなら大したことないかもしれませんが、
10万円ぐらいになると、レストラン1食分ぐらいの差が出てきます。
利便性と天秤にかけて判断しましょう。

以下に、BTS駅に近く交通に便利な両替所を紹介します。

VASU EXCHANGE(スクンビットエリア)

日本人がよく利用するスクンビットエリア。
お勧めの両替所は「VASU EXCHANGE」です。

BTSナナ駅を降りてすぐの場所にあります。

タニヤスピリット(シーロムエリア)

日本食レストランや、夜のお店が多いタニヤ通り。
ここに酒屋兼両替所の「タニヤスピリット」があります。

BTSサラデーン駅を降りてすぐの場所にあります。

両替する流れ

日本円はもちろんですが、パスポートを忘れないようにしましょう。
両替する手順は主に以下の通りです。

  1. パスポートを見せる、もしくはコピーする(両替所でできます)
  2. レートを確認し、日本円を出す
  3. 指定された場所にパスポートと同じサインをする
  4. バーツを受け取る

とても簡単です。タイ語も英語も必要ありません。

-ライフハック
-, , , , ,