日本一時帰国時にマイナンバーは取得できるのか? 試してみた! 前編

更新日:

2016年1月から利用が開始されたマイナンバー。
行政手続やオンライン取引での利用が予定されています。
ところが、海外に住んでいる人の中には、マイナンバーを取得していない人がいます。

マイナンバーは、

2015年10月5日時点に住民票に記載されている住所

に届けられました。

つまり、この時に住民票を抜いて海外へ行っていた人には届きません。
ぼくもその一人です。

マイナンバーがないと困ることがある

まず、現時点で起きている問題を整理します。

海外送金

銀行によっては、海外送金する際にマイナンバーを求めています。
海外居住者の中には、日本国内の自分の口座へ送金できない、
という問題が起きている人がいるようです。

証券口座の開設

2016年1月から、証券口座を開設する際にマイナンバーが必要になりました。
開設済みの口座は、今のところ問題はありませんが、
新たに口座開設したい場合、住所変更を行いたい場合などに問題が出てきます。

他にも、証券取引や財形貯蓄などの手続きにマイナンバーが必要になる場合があるようです。

2019年以降はさらなる問題が…

2019年以降には、株や投資信託、FXを行っている人にも問題が出てきます。
2015年12月以前に開設した口座でも、
証券会社へ2018年12月末までにマイナンバーを登録しなければなりません。

例えば、楽天証券にはこう書いてあります。

rakuten

楽天証券>マイナンバー制度

これは早めに対処しておいた方が良い気がします。

もちろん、これから対応策が整備される可能性はあります。
日本大使館等でマイナンバーが申請できるようになるかもしれません。
しかし、現時点で海外に居たままマイナンバーを取得する方法はありません。

現時点での解決策

現時点での最大の解決策は、

日本に一時帰国してマイナンバーを取得する

という方法です。

今回、ぼくは日本へ一時帰国した際に市役所で転入届を出しました。
海外からの転入手続きをすれば、
住民票が作成されマイナンバーが発行されるはずです。

果たして、マイナンバーを取得することはできたのか?
次回はその実践と結果を書いていきたいと思います。

日本一時帰国時にマイナンバーは取得できるのか? 試してみた! 後編

-ライフハック
-, , , ,