片道だと最安値? 台湾経由バンコク行き、タイガーエアが安い!

更新日:

福岡とバンコクを直行便で結んでいたLCC、ジェットスター航空。
残念ながら、10月1日をもって撤退してしまいました。

行きはジェットスターで日本へ来たものの、
帰りはチケットの予約さえしていない始末。
どうやって帰るのか選択肢を考えてみました。

タイ国際航空

ジェットスターが撤退した今、
福岡とバンコクを結ぶ直行便を、唯一就航しているのがタイ国際航空です。
ただLCCではないので、料金はジェットスターに比べて高くなります。

日本発の往復便はいいんです。
セールを行うことも多く、思ったより安い値段でチケットが手に入ることもあります。

問題は、片道もしくはタイ発往復便の場合。
これが意外と高く、特に片道と往復の値段はほとんど変わらないです。
片道の場合は、タイ国際航空はできれば避けたいです。

国内経由便

次に考えられるのが、国内経由便。
例えば、関西国際空港、成田空港へ行き、LCCであるエアアジアを使う方法です。
福岡空港から、関西国際空港もしくは成田空港へはジェットスターが就航しています。

ただ調べてみたところ、時間に問題がありました。

  • バンコク-成田間は1日2便あるが、接続の良い深夜便は値段が高い
  • バンコク-関空間は1日1便で接続が悪い

成田空港の深夜便だと、タイ国際航空の直行便と値段は変わりません。
ですので、関西国際空港、成田空港午前便の選択になります。
二つの便はどちらも接続の関係で、空港で一泊する必要があります。
ぼくは空港で寝れるタイプではないのでどちらも却下。
国内経由便は諦めました。

国外経由便

福岡とバンコクを結ぶ、国外の経由便はたくさんあります。
タイ国際航空より安くなるのは、ぼくの検索条件の場合下の4つでした。

  • 中国国際航空(北京経由)
  • 中国東方航空(上海経由)
  • マカオ航空(マカオ経由)
  • タイガーエア台湾(台湾経由)

中国国際航空とマカオ航空は経由空港での待ち時間が長く、一泊になるので却下。
中国東方航空とタイガーエア台湾の比較になりました。

タイガーエア台湾が安い

タイガーエア台湾のチケットは、日によっては2万円を切っており、
中国東方航空より1万円以上安かったです。

時間は全て現地時間で、

福岡(10:55)-台北(12:15)
台北(15:55)-バンコク・ドンムアン(18:20)

となっています。

接続も3時間40分と短く、午前発夜到着なのもいいですね。
このチケットを購入することに決めました。

という訳で、福岡-バンコク間の片道チケットをお探しの際は、
タイガーエア台湾がお勧めです。
後日、乗った時の感想をレポートしたいと思います。

タイガーエアに乗り、台湾で乗り継ぎしたらとんでもない目に遭った件 前編

-旅行
-, , , , ,