「一日で元取れた」Kindle Unlimitedは海外在住者こそ入るべき

更新日:

2016年8月3日、約一年半前にアマゾンは「Kindle Unlimited」サービスを開始しました。
月額980円で電子書籍が読み放題となるサービスです。

和書約12万冊、洋書120万冊が読めます。
図書館並みの蔵書数です。

「Kindle Unlimited」の良いところは、海外でも利用できるところ。
日本語の文字に触れる機会が少なくなる海外在住者にとって、
とても嬉しいサービスと言えます。

今まで入っていなかった理由

こんなに素晴らしいサービスが始まっていたのに、
ぼくは今まで入っていませんでした。

理由は、

  • 本を読むまとまった時間が取れそうにない
  • 人気のある本は読めないと思っていた
  • タブレットがまぶしいので夜の読書に向いていない

などです。

入ってみたら感動!

最近、日本語のインプットが少なすぎることを感じて突如思い立ちました。

「これはどうにかしなければ…」

というわけでとにかく日本語に触れようと、「Kindle Unlimited」に入ってみました。
入れば読むだろうと思ったのです。

結果、一日で元を取りました。

いや、正確に言えば一時間ぐらいかもしれないです。

現在、入ってから一週間ぐらいですが既に30冊は読みました。
一冊1,000円としても3万円分です。
これはお得すぎる!

Kindle Unlimitedの概要

既にご存知の方は多いと思いますが、知らない方のために簡単に概要を説明します。

  • 月額980円で、「Kindle Unlimited」対象の本が読み放題
  • 対象は和書約12万冊、洋書120万冊
  • 同時に10冊借りることができる
  • さらに新しい本を読みたいときは、現在借りている本を解除すればOK
  • ビジネス書が多いが、小説、雑誌、漫画もある
  • 最初の30日間は無料、以後クレジットカードで自動引き落とし
  • 30日間で気に入らない場合は、簡単に解約できる

入らなかった理由の一つに、
「良い本はKindle Unlimitedの対象になっていないのでは?」
という心配がありました。

でも、実際に入ってみるとそんなことは関係なかったんです。

Kindle Unlimitedの本当の良さ

Amazonで本を買ったことがある人は分かると思いますが、
目的の本がとても探しやすいですよね。
これは「Kindle Unlimited」でも同じです。

キーワードを入力するだけで、当てはまる本をリストアップしてくれます。
人気順に並び替えることができるため、良い本が分かりやすいです。
さらに、「この本を読んでいる人はこんな本も好きなのでは?」
とAmazonが紹介してくれます。

電子書籍だと「とは言ってもお金がね…」となるところなのですが、
Kindle Unlimitedにその心配は要りません。

「面白そうだし、ちょっと読んでみるか」となります。
そして最後まで読んでも、月額以外のお金はかかりません。
読書のエンドレスが実現します。

これははっきり言ってハマります。
読書のいいところはハマっても無駄にならないところです。
知識や教養として蓄えていくことができます。
ゲームやマンガと違い罪悪感が全くありません。

タブレットは必須アイテム

「Kindle Unlimited」を利用するために、タブレットは必須アイテムだと思います。
パソコンだと起動が面倒くさく、スマホだと小さすぎて読みにくいです。
タブレットが一番相性が良いです。

ぼくはiPadで読んでいます。
雑誌等の写真が多い本を読むときにはiPadの方が相性が良いと思います。

ただ、夜の読書がしにくい!
ぼくは寝る前に本を読むのが好きなんです。
iPadは液晶がまぶしすぎて、夜眠れなくなるのが難点です。

なので次、日本へ行くときはKindleの端末を買おうと思っています。
狙っているのは「Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル」です。

特に漫画が読みたいわけではなく、マンガモデルは32GBと容量が大きいのが特徴です。
雑誌とか入れると結構容量を食うので、こちらの方が良さそうです。

タイで気軽に買えないのが悔しい。
早く日本に行って買いたいくらい欲しいアイテムです。

海外在住者こそ入るべき

タブレットはともかく「Kindle Unlimited」は超おすすめです。
日本語に飢えやすい海外在住者は特に!

「なんで今まで入ってなかったんだろう」と思っています。
一年半前に戻って「いいからKindle Unlimitedは入っとけ」と自分に言いたいくらいです。

-タイの生活
-, , , ,