もしもタイ滞在中にパスポートの有効期限が迫ったら…

更新日:

パスポートには有効期限が設定されています。
発行から5年後、または10年後にパスポートを更新する必要があります。

長い間、海外にいると、
外国の滞在先で有効期限が迫ることもあります。

こういった場合には、日本大使館へ行き、
パスポートの更新をしなければなりません。

更新するべき時期は?

パスポートは残存有効期限が1年以内になると、
更新の手続きができるようになります。

海外にいる場合は、残存有効期限が1年以内になった時点で、
更新手続きを行うことをお勧めします。

理由はビザの更新があるからです。

タイのビザは一年ごとに更新する必要があります。
そして、手続きは、

パスポートの更新→ビザの更新

の順番です。

逆になると、ビザの有効期限が短くなってしまいます。
詳しくはこちらの記事をどうぞ。

パスポートの残存有効期間が1年以内でビザ更新をすると、どうなるのか?

パスポート切り替え申請

まずは、パスポート更新のために日本大使館へ行きましょう。

持っていく物は以下の通りです。

  • パスポート原本
  • 写真2枚(縦4.5cm×横3.5cm)

受付で、パスポートの更新に来た旨を伝えましょう。
以下の書類をもらえます。

  • 一般旅券発給申請書
  • ビザ転記レター

これらの書類を提出し、申請は終わりです。
受領日が記載された、申請受理票を受け取りましょう。

新規パスポートの受け取り

受領日以降になったら(ちょうどその日である必要はありません)、
新規パスポートを受け取りに行きましょう。
持っていく物は以下の通りです。

  • 申請受理票
  • 手数料

手数料は2018年4月から、
5年用が3,370バーツ10年用が4,910バーツとなっています。
毎年変更されますが、大体このくらいの手数料だと思います。

ビザ転記手続き

続いて、ビザ転記手続きのために、
タイの入国管理局(イミグレーション)へ行きます。

持っていくものは以下の通りです。

  • 旧パスポート
  • 新パスポート
  • 出入国カード
  • ビザ転記レター

さらに以下のコピーが必要です。

  • 新パスポートの写真ページ
  • 旧パスポートの写真ページ
  • 最新入国時の入国スタンプ
  • ビザのスタンプがあるページ
  • 出入国カード

カウンターで、ビザ転記用の書類をもらい記入しましょう。

ビザ転記は待ち時間がかかる

ビザ転記の処理はすぐに終わりますが、
それを受けるまでにすごく時間がかかります。

理由は、手続きがビザ申請と同じ場所だから。

ビザ申請は書類が非常に多く、審査に時間がかかります。
なぜか、ビザ転記も同じ場所で行うため、
待ち時間がとても長くなります。

少なくとも半日は潰れると思った方が良いでしょう。

まとめ

ビザ転記が終われば、ようやくパスポート切り替え処理の終了です。
これで、次のビザ更新の際に、普段通り1年の有効期間をもらえるはずです。

パスポートの残存有効期限が1年を切ったら、
余裕のある時に、すぐに済ませてしまいましょう。

少なくとも、ビザの更新手続きの前には、
終わらせておく必要があります。

-ライフハック
-, , , , ,